1/3

マヌカハニーとは?

オーストラリアとニュージーランドの両方で栽培されている

ギョウリュウバイ(Leptospermum)の花から生産されたハチミツ。

他の蜂蜜には見られない独特の治癒特性があり、

この特性が確実に保存及び維持されるように、冷抽出と有機生産方法を採用しています。

MGOとは?

マヌカハニーが高い抗菌作用を持つ理由の1つとして挙げられるのが、

マヌカハニーに含まれるメチルグリオキサール(MGO)という成分の存在です。

MGO値は製品1kgあたりのメチルグリオキサール含有量(mg)を示しています。​

mgo表.jpg

​主な効果

  • 傷の治癒を促進する

  • 多剤耐性菌に対して有効である

  • 傷の湿潤状態を保つ

  • 実証済みの抗菌特性を持つ

  • 傷⼝からゴミや汚れを取り除く

  • かさぶたの形成を抑え傷跡を残りにくくする

  • 包帯が⽪膚に粘着するのを防ぐ

  • 傷⼝の炎症を抑える

​オーストラリアのマヌカハニー

ニュージーランドで見つかったマヌカ種が1種のみ(ギョリュウバイ)であるのに対して、オーストラリア原産であると認められたマヌカ種は80種以上あります。

オーストラリアのマヌカ種80種のうち28種が、科学的に抗菌活性が認められています。つまり、これらの種にはマヌカハニー特有の抗菌特性の元となる物質であるメチルグリオキサール(MGO)が十分に含まれているということです。

ニュージーランドでの数々の研究に続き、オーストラリアでの研究にて、

Australia’s Manuka ®のハチミツは最も重要なMGOという特性を持っており、多数の細菌や真菌の増殖を抑制できることが証明されました。

この研究は、Australia’s Manuka ®の製品の一部は、より高レベルのMGO、DHA、レプトスペリンを含むことから、ニュージーランドのマヌカよりも有効性が高いことも示しています。

 

製造工程

tyagarah-apiaries-001
tyagarah-apiaries-001

Describe your image

press to zoom
tyagarah-apiaries-002
tyagarah-apiaries-002

Describe your image

press to zoom
tyagarah-apiaries-009
tyagarah-apiaries-009

Describe your image

press to zoom
tyagarah-apiaries-001
tyagarah-apiaries-001

Describe your image

press to zoom
1/8