• sabo

野焼き等によりPM2.5が高くなりやすい気象条件

①弱風時:野焼きにより排出された大気汚染物質が大気中に滞留して拡散しにくいため。

②逆転層形成時:秋~冬の晴れた日の夜間は、大気下層に逆転層が形成されやすい。そうすると、地表面付近の大気が安定するため、大気汚染物質の濃度が下がりにくくなる。

③高湿度時:気温が低く湿度が高い場合、大気中での化学反応によりPM2.5の成分である硝酸塩が二次的に生成されやすくなる。


環水大大発第1803273号

平成30年3月27日微小粒子物質(PM2.5)と野焼き行為との関連について(通知)より

photo by ジユン(www.pakutaso.com)

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示