• sabo

デリー(インド)の大気汚染問題

更新日:5月12日

有毒スモッグが発生

2020年10月16日大気質指数(AQI)300を超過 ※AQIは0~50の間が「良好」

原因:北部、ウッタル・プラデーシュ州、ハリヤナ州、パンシャブ州での「野焼き」と思われたが、インド政府は汚染の95%は建設工事などで生じる粉塵、産業廃棄物の焼却などが原因で、野焼きに由来するものは4%に過ぎないと発表している。






















Photo by Bibhu Behera on Unsplash

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示